メインイメージ画像

無理のない保険料で生活しよう

日々の家計のことを配慮すると、少しでも月毎の保険料は低価格の方がいいと考えます。実際のところ、20代のうちに保険に契約した方が保険料は安くなります。若い世代の方が病気になりづらい点を考慮すると当然でしょう。しかし、年以外にも保険料を低くする方法があるのです。
一個目は、インターネットのみの保険を選ぶことです。実店舗を設けないので家賃などの諸経費がかからないので、剰余分保険料を安くすることが可能なのです。


二つ目は、貯蓄性をのない簡単な保険を選択することです。ボーナスは魅力だと考えますが、それだけ、月々の保険料は高くなるのです。払い捨て方式の保険の方が、保険料の面ではすごく有利になるのです。

「子供も全員独り立ちしたし、そろそろ保険もやめようかと思う」という思いを時々耳にします。
ところが、その思いは大変まずいと思います。ご子息が独立後は、老後をしっかり見据えた保険の見直しが条件となると考えます。


最初の段階で、死亡保険の再確認をして下さい。死亡保険は、葬儀代だけを残し、取りやめることもできます。その分を、医療保険の増額に使い、万が一のケースに備えて下さい。
心配なあなたは、先進医療特約などの特約を考えてもいいでしょう。また、老後の資金として年金保険に入ってみるのも一つの方法でしょう。退職金等で、一括で支払い、公的年金と併用して払ってもらい、余裕を持ち老後を送ることが可能でしょう。

更新情報